実際の行動調査はいくらかかるの?分かりやすい尾行調査料金

秘密厳守 相談無料 24時間受付 フリーダイヤル:0120-917-791
メールでのお問い合わせ

実際の素行調査の料金事例

尾行調査の事例を基に、調査料金の目安を説明します。

依頼者様  咲子様(39歳)結婚12年目 

家族構成

妻:咲子様/依頼者(派遣社員)
夫:太郎/調査対象者(42歳 会社員)
娘:(10歳 小学生5年生)

依頼者様からの相談内容

調査種別

夫の浮気・不貞調査

調査依頼に至った経緯

3ヶ月前から残業ということで夫の帰宅時間が遅くなり、休日も独りで外出する事が多くなった。
夫は「パチンコに行っている」と言い張っており、確かに時々パチンコの景品を持って帰る。
しかし、夕食も時々しか取らなり、風呂に入らず寝ること増えた。
本当にパチンコをしているのか、それとも女性と一緒にいるのか知りたい。

夫が退勤後、どんな行動をしているか知りたい。

調査方法

ご主人の移動手段は徒歩&バス。
ご主人の退勤後から夫の尾行を開始し、帰宅までの行動を監視する。
帰宅が比較的遅い木曜日から5日間連続で調査を行う。

浮気相手の女性が迎えに来る事を想定して、調査員1名は徒歩でご主人を尾行。もう1名の調査員は車両で尾行を行う。

調査基本料金 20,000円

調査料金 1時間 1万円(調査員2名)

1日3時間から出動いたします。

調査結果

木曜日

退勤後、市内にあるパチンコ店へ入店。3時間ほど興じる。
パチンコ店を出ると、バスに乗り込みそのまま自宅へ帰宅。
調査時間 4時間

金曜日

退勤後、会社近くの本屋へ入店。書籍を1冊購入。
その後前日とは違うパチンコ店へ入店。2時間ほど興じる。
パチンコ店を出ると、バスに乗り込みそのまま自宅へ帰宅。
調査時間 4時間

土曜日

退勤後、バスの停留所に向かう。
数分後、女性が運転する車両が現れ、ご主人(太郎氏)を助手席に乗せて走り出す。
調査員は車両尾行を開始。夫(太郎氏)を乗せた車は郊外のファミリーレストランに入店。
その後、女性と共にラブホテルに入る。

ラブホテルを出た後、車はご主人の自宅付近まで向かい、助手席からご主人が降りると走り去った。
女性の車両を尾行した結果、女性が住むマンション及び号室が判明。
調査時間 6時間

日曜日

朝7時、自宅を出るご主人を尾行を行う為調査を開始する。
ご主人は徒歩で自宅を出ると、バスに乗り込み会社方面へ向かう。
ご主人はいつも下車する1つ前の停留所で降りるとカフェに入る。

1時間後カフェを出たご主人が向かった先はパチンコ店。
5時間ほどパチンコの興じた後、再びバスに乗り自宅に戻る。
依頼者様から連絡があり、家族で食事に行くとの事で調査終了。
調査時間 8時間

月曜日

依頼者様の要望で土曜日に太郎氏とラブホテルに入った女性の尾行調査を行う。
7時30分、女性がマンションから出てきて土曜日と同じ車両で市内に向かう。
女性はある会社の駐車場に車両を停める。

女性の勤務先が判明した時点で調査を一時中断する。
夕方から女性の退勤後から調査を開始する。
女性は車で太郎氏がいつも利用しているバスの停留所に向かうと太郎氏を助手席へと乗せる。
その後2人は市内に車を停め、レストランに入る。

レストランから出た2人は車両に乗り込むと郊外のラブホテルへと向かう。
ラブホテルから出た2人は前回と同様、ご主人(太郎氏)の自宅付近まで送ると、女性も自宅へと戻る。
調査時間9時間

調査料金の総額41万円(税別・経費別)

      

調査報告後

依頼者様は子どもがまだ小さいとの事もあり、離婚は望まれていない。
親族を交えてご主人と話し合った結果、ご主人は依頼者様に謝罪し念書を書く。
浮気相手からは慰謝料として150万円受けとる。
浮気相手の女性は、以前ご主人の会社に勤めていた部下の女性との事だった。

今ではご主人は改心し、家族仲良く暮らしているとお便りを頂きました。

総合探偵社フォーチュン広島
〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀5-1 2F(検察庁前)
[電話] 0120-917-791 (フリーダイヤル)

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会正会員
広島県調査業協会 副支部長 登録番号第2172
探偵業認定番号 広島県公安員会 第73120031号

Copyright © 2004-2015 浮気調査なら総合探偵社フォーチュン広島 All rights reserved.