夫の浮気で家庭が崩壊した専業主婦の苦悩を告白

秘密厳守 相談無料 24時間受付 フリーダイヤル:0120-917-791
メールでのお問い合わせ

旦那の浮気で家庭崩壊!専業主婦の苦悩

K子さんは現在32歳。20歳の時に、全国に支店を持つ工事会社に勤務する現在のご主人と結婚しました。9歳になる長男と3人で幸福な毎日を過ごしてきましたが一昨年の十月頃から少しずつ、幸せな家庭に波風が立ち始めたのです。

発端はご主人の会社での飲み会がこれまでに比べて激増して、次第にお小遣いの範囲では収まらなくなったご主人が、これまで会社で積み立てていた財形貯蓄の二〇〇万円を取り崩していた事が発覚した事でした。

当然K子さんはご主人に非難を浴びせ、速射砲のように「何に使ったの?」「どうするつもりなの!」と叱責したのです。当のご主人はというと、こうなるとやはり面白くありません。「自分が働いて家族を養っているんだから少し位大目に見てくれても当然のはず…。」と開き直ってしまいました。

その事があってから徐々に夫婦の会話が減り始め、一年位前からは月に2回、週末の土曜になるとご主人は愛車の400ccオートバイに乗ってツーリングに出かけ、日曜の夜遅くに帰宅するようになりました。
それがここ半年については毎週土曜、下手をすると金曜日の夜に会社から帰宅するとすぐに出かけ、月曜の早朝に帰宅してシャワーを浴びてから会社の制服に着替えて出勤するという状況にまでなっているのです。
もちろんここまで状況が悪化するまでに、心配した双方の両親を含めて話し合いの場をもった結果、「そのうちに気持ちが収まったら元通りに戻るから…。」という結論に毎回落ち着くのですが、その結論に反してご主人の行動はひどくなる一方でした。

小学三年生の息子さんと「来週は一緒に○○しよう」という約束をしていても、ご主人はいつも平然とした顔であっさりと約束を反故にしてしまう為、「息子も最近では主人との約束事には端から期待していない様子」とK子さんは寂しそうに話をされていました。
また、K子さんが「毎週毎週、どこに泊まっているの?」とご主人を問い質しても「深夜営業の喫茶店やサウナ、野宿、その他色々」とまともな返答が帰ってきた例は無く、結局業を煮やしたK子さんがお母さんと共に総合探偵社フォーチュン広島を訪れたのです。

相談を受けた私は、毎週末、その全てを浮気行為に費やしているとはいえないまでも、ご主人に女性がいる可能性は高いと判断して調査に着手しました。

そして、夜間に400ccバイクで外出するご主人の尾行は難を極めましたが、何とか無事調査を完了する事ができました。

結果、ご主人はいきつけのスナックに親しく交際している女性がおり、その女性のマンションに毎週末入り浸っていたのです。
ある程度予測していた結果ではありましたが、現実にその事実を目の当たりにしたK子さんは烈火の如く怒りました。

それは、これまで「浮気しているんでしょ!」「女がいるんでしょ!」とご主人を問い詰めても、断固否定して「そんな女なんかおらん!お前と一緒にいるのが嫌なだけじゃ!」と言い逃れ続けていたご主人の言葉を心のどこかで信じていたからでしょう。

調査結果の報告を受けたK子さんは悩みに悩み、調査事実を伏せた上でご主人と話し合いを持とうともされたのですが、状況を変える事はできませんでした。
それから数ヵ月後、K子さんは弁護士の先生に依頼し、最悪は離婚に至る事も覚悟の上でご主人の不貞相手の女性に内容証明を送付し、損害賠償請求を起こしたのです。

今回の調査は『夫婦間の浮気問題を弊社が証拠取得の調査を行い、成功させた』というだけではありません。
どこにでもいるような普通の専業主婦だった女性・K子さんが、ご主人の家庭放棄ともいうべき行動、そしてそれが家庭崩壊を引き起こすまでの苦悩、そして不貞事実の判明から相手女性への損害賠償請求、そしてご主人との離婚話へと様々な過程を経て新たな自立へと向かう。
その中でのK子さんの心の葛藤、揺れ動く様子を皆様に伝える事ができればと思い、K子さんの了承を得て紹介するものです。

総合探偵社フォーチュン広島
〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀5-1 2F(検察庁前)
[電話] 0120-917-791 (フリーダイヤル)

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会正会員
広島県調査業協会 副支部長 登録番号第2172
探偵業認定番号 広島県公安員会 第73120031号

Copyright © 2004-2015 浮気調査なら総合探偵社フォーチュン広島 All rights reserved.