浮気調査で不貞行為の証拠を取得して離婚条件を有利に

秘密厳守 相談無料 24時間受付 フリーダイヤル:0120-917-791
メールでのお問い合わせ

離婚条件を有利にするために

浮気の証拠があれば有利な立場で離婚できる

最悪な離婚パターン

浮気をしている夫や妻側から離婚を切り出し、有利に離婚を進めていくケースはよくあることです。
結局そのまま離婚となり、慰謝料も取れない、浮気相手にも損害賠償を請求できないなど、浮気をしておいて一切の責任は取らないという最悪な離婚パターンとなります。

中には浮気をした側から家庭裁判所に離婚調停を申し立て、「性格の不一致」による離婚請求をするケースも多くあります。

このような夫に限って「お前は家事・育児をちゃんとしていない」「金遣いが荒い」など、また妻の場合は「夫が暴言や暴力を振るう」「家庭を大事にしていない」など、言いがかり的な理由を並べてきます。
当然、自分が浮気をしていることは、棚にあげといて、あくまでも性格が合わないからの一点張りで攻めてきます。

浮気の証拠が必要になる

浮気をした側が有利に離婚しないようにするためには、配偶者の浮気の証拠が必要になります。
浮気の証拠を得ることにより、こちら側が慰謝料・養育費・親権・財産分与など有利に離婚を進められます。
また夫や妻、浮気相手に対して慰謝料請求が出来ることになります。

証拠がない場合は、夫や妻への慰謝料及び浮気相手への慰謝料分の金額差が出てくることになります。お金のことばかりと思われるかもしれませんが、お金が離婚の上で重要になるのは事実です。

そして、浮気相手にもあなたの家庭を壊したという事実を理解させるために社会的制裁を与えるべきだと考えます。慰謝料は責任を取らせるのに一番判りやすい方法だとも言えます。
浮気証拠がなければ、責任を取らせることも出来ませんし、その権利も無いといわざるを得ませんので、しっかりした証拠を掴んでおくことをお勧めします。

探偵社フォーチュン広島では調査後も弁護士の紹介などお手伝いいたしますので、気軽にご相談ください。

総合探偵社フォーチュン広島
〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀5-1 2F(検察庁前)
[電話] 0120-917-791 (フリーダイヤル)

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会正会員
広島県調査業協会 副支部長 登録番号第2172
探偵業認定番号 広島県公安員会 第73120031号

Copyright © 2004-2015 浮気調査なら総合探偵社フォーチュン広島 All rights reserved.