不倫とは?慰謝料請求ができる不貞行為の定義とは?

秘密厳守 相談無料 24時間受付 フリーダイヤル:0120-917-791
メールでのお問い合わせ

浮気不倫・不貞行為の法律知識

浮気の法律知識のうち、「不貞行為」について説明しています。

法律的な意味での不貞行為とは

まず初めに、夫婦は互いに貞操を守る義務を負っており、その貞操義務の不履行を不貞行為といいます。

更に、法的な意味での不貞行為とは、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと事」を指します。最判昭48・11・15民集27・10・1323

異性と食事をする事、黙って2人きりで会う事、キスをする事、どこからが浮気なのかは人によって感じ方に違いがあるとは思いますが、慰謝料請求権が発生するような不法行為にあたる不貞行為とは肉体関係を指します。

この為、仮に配偶者が自分以外の異性と親しくし、キスや抱擁をしていたとしても、それは法的には不貞行為とはいえません。

有責配偶者があくまでも離婚を拒み、離婚話がもつれて裁判にまで発展した場合、不貞行為は民法で離婚事由としても規定されており、理論的には1回の不貞行為を離婚事由として離婚請求をする事は可能だといえますが、実際には1回の不貞行為では婚姻を回復が見込めないまでの破綻に至らしめたとまでは言えないという理由から離婚請求が棄却される可能性がありますので、複数回の不貞行為の証拠が必要となります。

※もちろん、協議離婚や調停への離婚申し立てをする場合には、離婚原因に制限はありません。

総合探偵社フォーチュン広島
〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀5-1 2F(検察庁前)
[電話] 0120-917-791 (フリーダイヤル)

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会正会員
広島県調査業協会 副支部長 登録番号第2172
探偵業認定番号 広島県公安員会 第73120031号

Copyright © 2004-2015 浮気調査なら総合探偵社フォーチュン広島 All rights reserved.