デリヘルやソープなどの風俗嬢との肉体関係は・不倫・不貞行為?

秘密厳守 相談無料 24時間受付 フリーダイヤル:0120-917-791
メールでのお問い合わせ

浮気の法律知識

風俗通いは法律的にも浮気・不倫にあたるの?
風俗店で働く女性や風俗店通いをする夫に対して不貞行為として慰謝料を請求できるの?
そんな疑問にお答えします。

風俗店での行為は不貞か

ご主人が風俗店へ行った場合、その店で働く女性とした行為は不貞行為かどうかというと、性行為が存在していればそれは不貞行為です。

配偶者に対して不貞行為についての慰謝料を請求する事もできます。

ただ、風俗店での行為であり、行為の相手も特定の女性とは限らない為、一般女性との自由意思による不貞行為に比べて減額される可能性があります。
しかし、悪質性や継続性、有責性などが認められればこの限りではありません。

浮気相手である女性については、純然たる自由意思での行為ではなく、職務上の行為である為、その女性に慰謝料を請求する事は難しいでしょう。

不貞行為は離婚事由として認められている為、風俗店での行為を理由に離婚請求をする事は可能ですが、一度だけの一時的な行為の場合は婚姻を破綻させたとはいえない事から、請求が棄却される可能性があります。

風俗店通いが継続・常習的に行われている場合には、れっきとした離婚原因になりえます。

尚、風俗店で働く女性と店の営業と関係なく私的に会い、女性の自由意志で肉体関係を持った場合は、その女性に対しても慰謝料を請求する事ができます。

総合探偵社フォーチュン広島
〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀5-1 2F(検察庁前)
[電話] 0120-917-791 (フリーダイヤル)

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会正会員
広島県調査業協会 副支部長 登録番号第2172
探偵業認定番号 広島県公安員会 第73120031号

Copyright © 2004-2015 浮気調査なら総合探偵社フォーチュン広島 All rights reserved.