裁判で認定される不貞行為の証拠とは?メールは証拠になる?

秘密厳守 相談無料 24時間受付 フリーダイヤル:0120-917-791
メールでのお問い合わせ

離婚調停や裁判で本当に有効な証拠とは

裁判で有効な不貞行為の証拠について説明しています。

慰謝料請求の裁判や離婚調停で有効な不貞行為の証拠とは

不貞行為の証拠とは、「性行為(肉体関係)を確認ないし、推認できる証拠」を指します。

浮気相手とのメール・LINEのやりとりや、2ショットの写真などは、離婚調停や裁判では何とでも言い訳されてしまうので、浮気の決定的な証拠にはなりません。しかし、積み重なっていけば他の証拠と組合わせた上で状況証拠として活きる可能性があります。
Eメールはパソコン等へ転送、若しくはカメラなどで写真をとっておき、手紙の場合はコピーを取っておきましょう。
クレジットカードの利用明細書でも、2人分の食事代などの記載があれば、状況証拠になり得ます。ラブホテルの会員カードや割引券なども同様です。

携帯電話の発信記録は、浮気の証拠としては難しいと言えます。
たとえば、相手方に「相談に乗ってあげていただけ」などと反論された場合、会話内容の録音でもない限り、それを否定できません。

また、『浮気を認める発言』は、なかったことにされがちです。念書的なものを書かせても、裁判になると「相手にしつこく言われて面倒になってサインした」などと、反論されることがよくあります。

2人きりでの食事や路上でのキスや抱擁などの様子を撮影していたとしても、肉体関係を推認できるとは言いきれず、有力な状況証拠にはなりますが、それだけでは不貞の証拠とはいえません。

具体的には「ラブホテルに出入りしている写真」などです。

離婚調停や裁判で不貞行為の証拠と認められるのは『肉体関係(性行為を確認ないし、推認できる証拠)』が立証できる証拠です。

その他、下記のようなものが不貞行為の証拠とされていますが、滞在時間や状況によって複数回の撮影が必要になります。

浮気相手の自宅の出入りの場合は、必ずしも肉体関係をもったとは言えない為、複数回の出入りの証拠、若しくはこれとは別に状況証拠が必要となり、滞在時間も重要になってきます。

  • カーセックス
  • 浮気相手と宿泊旅行
  • 浮気相手と同居、生活をしている
  • 浮気相手の自宅に宿泊や複数回の出入り

自分でできる浮気調査講座 [1]浮気の兆候(携帯電話編)

総合探偵社フォーチュン広島
〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀5-1 2F(検察庁前)
[電話] 0120-917-791 (フリーダイヤル)

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会正会員
広島県調査業協会 副支部長 登録番号第2172
探偵業認定番号 広島県公安員会 第73120031号

Copyright © 2004-2015 浮気調査なら総合探偵社フォーチュン広島 All rights reserved.