自分で浮気調査をした人の体験談(GPS①)

家族構成等

婚姻期間 9年
夫 38歳(会社員)、妻 39歳(会社員)、子供 6歳

夫(旦那)の浮気に気が付いたきっかけとは?

夫の外出時間が明らかに増えた。土日はずっとパチンコ店に行き、平日も2日に1回の頻度で遅く帰るようになった。
結婚する前からパチンコ好きではあったが、ここ最近は明らかにおかしい。
少し注意をしたが、「今まで通り家にお金は入れているのだから趣味に口を出すな」と怒る始末。

夫(旦那)が浮気をしていると確信したのは?

余りに不審なため、GPSをネット通販で購入し、夫の車に取り付けた。
GPSで1週間、夫の車の動きを記録した所、確かにパチンコ店に通っているのは本当のようだった。
土日も開店から夕方までパチンコ店に滞在しており、そんな長い時間パチンコ店にいるものなのかと思い、パチンコ店に向かい、店内を探すが夫はいない。
パチンコ店に行くと嘘をつき、どこかへ行っていることに気づいた。

自分でした浮気調査の方法とは?

友人に協力してもらい、朝パチンコ店で夫の車を待ってもらった。
夫はパチンコ店に車を停めると、隣に停まった女性の運転する車の助手席に乗り込み、パチンコ店を走り去った。
友人に尾行してもらい、カラオケ店に入ったのを確認した後は、会社の車を借り、自分で尾行をした。
カラオケ店を出た後、女性の車に乗った夫はその後10分ほど走行し、女性の自宅アパートへ入っていった。

その日は夫が女性の部屋から出て来た場面を撮影して終了。
以後は土日に夫がパチンコ店に行った日には、女性自宅アパート周辺で張り込み、夫が女性の部屋に出入りする場面を複数回撮影した。

浮気調査でかかった費用とは?

GPS代 12,800円
ビデオカメラ代 52,480円

浮気調査の結果は?

夫に浮気をしていることについて問い詰めたところ、勝手に付きまとったのかと逆切れ。
そのまま家を出て帰ってこなくなった。浮気相手女性自宅付近のコインパーキングに夫の車が停まっているのを見つけ、離婚を決意。

弁護士に依頼をして、夫と浮気相手女性に慰謝料請求を行う。
半年と時間がかかったものの、離婚が成立。慰謝料は300万円と養育費等の支払いについても満足できる額でこの件は落着した。

お問い合わせ総合探偵社フォーチュン広島

自分で浮気調査ができない場合は
ご相談ください!
プロの探偵が低価格の「成功報酬制」
確実な浮気の証拠を取得します!