GPSを利用した浮気調査の方法とは?どこに取り付ける?

GPSを利用した浮気調査の方法とは?

夫・妻が自家用車で浮気相手と密会している場合、自家用車にGPSを取り付ければ夫・妻がどこに行っているか把握できます。自分で浮気調査するのに最も有効なアイテムと言えるでしょう。

GPSの種類にもよりますが、ほぼリアルタイムで夫・妻の動きがわかるため、どのような時間帯で相手と密会しているのか、浮気相手の自宅がどこにあるのか、よく行くラブホテルはどこか等が詳細に分かります。

GPSの値段・料金は?

車に取り付けるGPSはネット通販で購入することが可能です。
料金相場は15,000円~30,000円など様々で、多少費用はかかりますがGPSの位置履歴で得られる情報はそれに見合うでしょう。
オススメはGPS本体に車体の裏に取り付けることができる強力な磁石が付属しているものです。

GPSの取り付け方とは?車のどこに取り付ける?

国産車であればほとんどの車は車の裏側に磁石でGPSを取り付けることが可能です。

ただし、車の裏側でもフロント側にはほとんどGPSを取り付けるスペースがないため、リア側に取り付けることが多いです。
また注意点として『マフラー』『燃料タンク』付近は熱を発して、GPSを壊してしまう可能性が高いため、なるべく燃料タンクから離れた位置に取り付けるようにしましょう。

外国車の場合、車の裏側にGPSを取り付ける鉄の部分やスペースがない場合もあるため、事前に夫・妻の車を調査しておきましょう。

車種にもよりますが、基本的には車の後方部の裏側に取り付けます。

ナンバーの裏側など鉄の部分に磁石で取り付けます。

 

車種によっては振動を検知すると車の外側を撮影するセキュリティがあるため、GPSを取りつける際は夫・妻が乗っている車にそのような機能があるかどうか事前に確認して、慎重に取り付けましょう。

小型のGPSですと、夫・妻の鞄に仕掛けることもできます。ただ、いくら小型とはいえ、GPSがバレる可能性もありますので、あまりお勧めは出来ません。

GPSの種類とは?

GPSには大きく分けてリアルタイム型とロガー型に分けられます。

①リアルタイム型

車の居場所をリアルタイムで把握できますので、夫・妻の車がラブホテルや浮気相手の家に向かったタイミングが分かります。
自分で浮気調査をする場合は、リアルタイム型の方が使い勝手が良いでしょう。

②ロガー型

GPSを車に取り付けた後、一定期間設置して回収した後、パソコンに繋いで移動記録の履歴を確認できるものです。
リアルタイムで車の動きを把握することはできませんが、一定期間の車の移動情報が得られますので、浮気をする曜日性、時間帯、密会場所などが把握できます。

GPS調査での注意点

夫婦共用の自家用車にGPSを取り付けることは違法にはなりませんが、浮気相手の車にGPSを取り付けることは違法行為になりますので、絶対にしないようにしましょう。

GPSの取り付けがバレてしまった場合、器物破損や不法侵入で逆にこちらが訴えられてしまう可能性があるため、浮気相手の車にGPSを取り付けることは避けましょう。

お問い合わせ総合探偵社フォーチュン広島

自分で浮気調査ができない場合は
ご相談ください!
プロの探偵が低価格の「成功報酬制」
確実な浮気の証拠を取得します!